社会福祉法人,斑山会

社会福祉法人 斑山会

昭和54年設立来、一貫して老人福祉事業に携わっております。

社会福祉法人,斑山会,電話番号

お電話でのお問い合わせはこちらまで

0299-23-7343

(ケアハウスゼーレ)

受付時間9:00~18:00

施設・事業所紹介

ケアハウスゼーレ

(介護予防)特定施設入居者生活介護

 

施設紹介

■ ケアハウスについて (定員50名)

 ケアハウスは、家庭環境、住宅事情、身体機能の低下等の理由により、自宅で独立して生活することには不安がある高齢者のための入居施設です。
 日常生活に必要な便宜を提供し、健康で明るく、安定したリズムで生活を送ることができるようにすることを目的としています。
 利用料金については、所得に応じた負担となり、毎年、収入を申告することにより、公的補助が受けられ、低所得者の費用負担は少なくなります。

■ 特定施設入居者生活介護について (定員50名の内最大で36名まで利用可)

 介護保険上のサービスのひとつで、指定を受けたケアハウスにおいて食事や入浴、排泄、機能訓練等のサービスを施設のスタッフが行うことにより、要介護状態となった場合でも、ケアハウスでの生活が可能となります。特定施設入居者生活介護の指定を受けることにより、元気な方から、介護が必要な方まで、ケアハウスでの生活を継続して利用することが可能となります。
※特定施設を利用するためには、要支援・要介護の認定が必要になります。

 ケアハウスゼーレでは、①「介護予防を含む日常生活支援」②「健康寿命を延ばす」③「生活の連続性を重視したサポート」をキーワードに挙げて活動しています。すなわち、元気なうちからケアハウスに移り住み、食事による栄養改善、運動による機能低下防止、認知機能の維持、健康管理、生活相談等の日常生活全般における生活支援を受けながら、できるだけ健康な状態を維持し、要介護状態である期間を短くすることがケアハウスの本来持つ大きな役割であると考えています。また、いざという時の安心感にも気を配り、特定施設入居者生活介護の指定を受けることにより、介護が必要になった場合でもケアハウスでの生活を継続することができ、「生活の連続性」を重視したサポートが可能な設計となっています。
 ご利用者の生活能力を最大限に引き出すことができるよう、長年培ったノウハウや経験を生かし、創意工夫を図りながら、ご利用者の心身の状況にあった適切なサービスを提供していきます。

■ 施設について (館内図)

施設について 1

鉄筋コンクリート造り2階建てのシンプルな構造

施設について 2

館内は全てバリアフリーとなっており、車椅子の使用もスムーズです。

施設について 3

館内及び全居室にはスプリンクラーが設置されています。

施設紹介,フロア図

リハビリ機器,(ケアハウスゼーレ)

CHS玄関,(ケアハウスゼーレ)

特浴室,(ケアハウスゼーレ)

食堂,(ケアハウスゼーレ)

ケアハウス浴室,(ケアハウスゼーレ)

エントランス,(ケアハウスゼーレ)

2Fユニット,(ケアハウスゼーレ)

2Fフロア,(ケアハウスゼーレ)

■ 居室について

居室について 1

居室は、全部屋鍵付きの個室のため、プライバシーにも配慮されています。

居室について 2

居室内には、2ヶ所ナースコール(緊急呼び出し装置)が設置されています。

一人部屋
約6畳(22.68㎡)

※ご夫婦での入居の場合は
   ご相談ください。

設備

▶トイレ
▶洗面所
▶ミニキッチン
▶トイレ内マルチシンク
 (1F有、2F無)
▶クローゼット
▶下足入れ
▶ベランダ
▶パネルヒーター(暖房)
▶ナースコール(2ヶ所)

施設紹介,居室図

※洗濯機、冷蔵庫、エアコン、テレビ等の家電製品の持ち込みは可。
持ち物は自由ですが、火気(お線香・ロウソク・アイロン等)の使用は禁止です。
タバコは所定の場所でのみ喫煙可となります。

■ 施設概要

事業所名

ケアハウスゼーレ

事業所の種類

ケアハウス
(介護予防)特定施設入居者生活介護事業所

所在地

茨城県石岡市石岡2748-1

電話番号

0299-23-7343

FAX番号

0299-23-7335

経営主体

社会福祉法人 斑山会

理事長

山中 拓治

施設長/管理者

山中 拓治

定員

ケアハウス50名(特定施設36名)

建物

1635.19㎡

敷地

8839.00㎡

主な居室・設備

一人部屋(約6畳/22.68㎡)
・食堂・調理室・浴室(個人浴2、特浴1)
・トイレ(全個室に設置)・医務室・相談室・静養室
・洗濯場・ラウンジ・消防設備

職員(職種)

・管理者・生活相談員・看護職員・介護職員・栄養士
・調理員・機能訓練指導員・計画作成担当者・事務員

 

ケアハウスゼーレの入居条件

以下のすべての条件を備えている方が対象です。

ケアハウスゼーレの入居条件 1

年齢60歳以上の方 (夫婦の場合はどちらか一方が60歳以上であればよい)

ケアハウスゼーレの入居条件 2

確実な保証能力のある身元引受人があり、所定の利用料金等を負担できる方

ケアハウスゼーレの入居条件 3

施設での共同生活に適応できる方

ケアハウスゼーレの入居条件 4

身体機能の低下や高齢等のため独立して生活することに不安のある方

ケアハウスゼーレの入居条件 5

入居にあたりご家族等のご協力が得られる方

※要支援または要介護と認定された方は、特定施設の利用ができます。

 

サービス内容

■ 1 食事について

 ご利用者の状態に合わせた食事の提供を行っています。栄養士が献立を考えていますので、バランスの良い食事を提供することができます。また、刻み食やペースト食等の食事形態の変更や、減塩食・糖尿病食などの治療食にも対応しています。毎年の嗜好調査(注)の他、日々のきめ細やかなサービスに努めています。

(注)利用開始時に嗜好調査を行い、これまでの食事形態(お粥・刻み食等)やアレルギーの有無、持病による食事管理の必要性の有無、嗜好の確認を行います。利用開始後も、定期的に嗜好調査を行い、随時対応しています。

■ 2 入浴について

 浴室は4ヶ所あり、週3回利用していただいています。夏季はシャワー浴を毎日行うことができます(自立の方のみ)。リフトバス・特殊浴槽など、その方の状態に合わせて、安全に入浴できる方法・場所を選定しています。

■ 3 健康管理について

 総合健康診断を年1回実施しています。月1回の定期健康診断は、嘱託医により実施されます。看護師がおりますので、随時健康相談を受けることができます。医療機関と連携を取り、ご利用者の状態の把握に努めています。

■ 4 娯楽について

 図書・新聞は常時利用できます。共用部分でのテレビ・囲碁・将棋は、決められた時間内で自由に利用できます。

■ 5 外出・外泊・面会について

 外出・外泊については原則として自由ですが、当日までに届け出を必要とします。介護が必要な方、体調管理が必要な方については、事前にご相談下さい。
面会は自由です。事務所で受け付け票への記入をお願いします。

面会時間 8:00~19:00
時間外の場合でも、事前にご連絡いただければ、面会できます。

■ 6 生活相談について

 預貯金、その他の財産は、できるだけご本人とご家族でご相談の上管理をお願いします。職員へのご相談、特に病気等の緊急の場合はいつでもご連絡下さい。

■ 7 介護サービスについて

 計画作成担当者(ケアマネージャー)が作成した個別のケアプランに基づいてサービスを実施します。

■ 8 出張サービスについて

理髪サービス(月1回)

ヤクルト販売(週1回)

移動美容室(2カ月に1回)

■ 9 個別機能訓練について

ご利用者の心身の状態に合わせて、個別のリハビリを行っています。

レッドコード

椅子に腰かけて、簡単な体操を行います。筋肉や関節を柔軟にし、バランスを整える運動です。

エアロバイク

15分程度の自転車こぎです。負荷の調整ができるので、体力に合わせた毎日の運動として取り入れていただけます。

筋力強化運動

医療リハビリを受けている方でも、日々の生活でリハビリは欠かせません。歩行訓練、足上げ、もも上げ、立ち上がりなど、歩行筋力強化のお手伝いをしています。

ラジオ体操

元気な方は立ったままで、足元に不安のある方は、椅子に座って参加しています。映像を見ながらできる「ラジオ体操」です。毎朝実施しています。

元気体操

午後から行う「転倒防止体操」です。椅子に座って行う高齢者向けの体操で、映像を見ながら筋力トレーニングを行います。すり足の改善、転倒を防止します。

■ 10 行事について

 「お花見外出」「七夕飾り」「夕涼み会」「お茶会」「敬老会」「スマイルバザー」「お楽しみ外出」「クリスマス会」「餅つき」「新年会」「お雛様飾り」等の行事を企画しています。
また、各行事に合わせて行事食も提供しています。うどんバイキングや職人さんをお招きしての寿司バイキングは好評を頂いております。

 

ご利用者生活状況 (例)

■ ご利用者の日々の生活について

★Aさんの一日   ケアハウス(一般)ご利用  自立

6:00

起床。部屋の掃除を簡単に行う。

7:00

食堂にて朝食を食べる。

8:00

市内の教室へ40分かけて歩いていく。

9:00

教室にて約2時間練習を行う。

10:00

       

11:00

施設へ歩いて戻る。途中、買い物のためスーパーによる。

12:00

食堂にて昼食を食べる。

13:00

入浴

14:00

ラジオをつけながら洗濯物を干す。

15:00

       

16:00

1F共用スペースにて、新聞を読む。

17:00

他の入居者と談笑しながら夕食を食べる。

18:00

       

19:00

読書や編み物をしてのんびりと過ごす。

20:00

       

21:00

簡単なストレッチをする。

22:00

就寝。

ちょっとした楽しみ:弓道
健康維持のためにしていること:体を動かす、ウォーキング

●コメント
 ケアハウスに入居して10年になりますが、自分のペースで生活することができ、今は充実している。また、常に誰かがいる安心感を実感でき、先々介護保険を利用することになっても安心である。
 食事については、季節感を出すとなお良い。寿司バイキング等の行事食や、誕生日メニューは大変楽しみにしています。

★Bさんの一日   ケアハウス(特定)ご利用  要介護2

5:00

起床。

6:00

テレビをつける。新聞が居室に届く。

7:00

新聞の興味がある記事に目を通す。

8:00

食堂にて朝食を食べる。

9:00

介助により入浴。

10:00

居室に戻り洗濯機を回す。

11:00

洗濯物を干す。

12:00

食堂にて昼食を食べる。

13:00

ヘルパーによる居室清掃。

14:00

余暇活動に参加する。

15:00

       

16:00

余暇活動終了後、一度居室に戻り、夕食のため早めに食堂へ向かう。

17:00

食堂にて夕食を食べる。

18:00

居室に戻り、毎日の日課である日記をつける。

19:00

テレビを見ながらのんびりと過ごす。

20:00

うとうとしてきたら早めに就寝。

21:00

       

ちょっとした楽しみ:園芸の会での野菜作り。書道。
          居室のベランダで育てているミニトマトの成長。
健康維持のためにしていること:規則正しい生活を心がける。食事をきちんと食べる。

●コメント
 安心して生活できている。食事もおいしく、出されたものは残さず食べている。健康を維持できているからこそ食事もおいしい。
 居室に閉じこもるのではなく、余暇活動として様々な習い事をできるところが良い。
仕事柄、周りに人がたくさんいる環境で生活してきたので、人との交わりを大切にしている。

厨房便り

ケアハウスゼーレ、RAUM東ノ辻では、以下の3つを特に大切に考え、お食事を提供しております。

厨房便り 1

食事を楽しんでいただく

厨房便り 2

食事のリズムを大切にしていただく

厨房便り 3

低栄養に気をつける

 高齢になると栄養を欲さなくなってくる、味覚が低下してくるなどの特徴があるそうです。
そのため、食事そのものだけでなく、食事をするための環境も大切であると考えております。
 日常のメニュー他、季節の行事食、お誕生日メニュー、うどんや寿司のバイキングなどのイベントも行っています。また、どの方にも満足して頂けるように食事の形態や嗜好についても出来るだけ対応させて頂いております。

■施設での月献立や・行事献立等を定期的にご紹介いたします。

今月の献立 ▶

今月の献立

■寿司バイキング

寿司バイキングのご紹介

 施設では市内の寿司処 大石家さんに年に一度施設に出張して頂き、お寿司を握って頂いています。目の前で握っていただけるのと、この日はお一人ずつお好きなネタで数も選べるので「お寿司バイキング」という行事食としています。皆さん毎年お寿司の日を楽しみにして下さっています。

10月27日寿司バイキングの報告

 今回で5回目となりましたお寿司バイキングを開催することが出来ました。
朝早くから大石屋さんが仕込みに来てくださり、およそ70食分のお寿司を握ってくださいました。お寿司と一緒にまぐろの太くて大きな骨付きのあらで出しをとってあら汁もご用意して頂きました。今回のネタはまぐろ、カンパチ、ひらめ、こはだ、蒸し海老、卵となかおちとかんぴょうの海苔巻きです。
大石屋さんの「へい・・・一丁」と注文をうける掛け声が響く中、利用者様の喜ばしい表情がみえました。
皆さん「おいしかったです。またきてくださいね。待ち遠しいな。」など大石屋さんに言葉をかけていらっしゃいました。
大石屋さん、いつも快くいらしていただき感謝いたします。